Otaku Crossing!!

アニメと漫画で、日本と世界を繋ぐブログ …… Anime/Manga from Japan, America and the World

*

About the author

Ride_cosplay

Name:Pashimo
Twitter:@Persimmo87 (あまり呟きません)
連絡先:persimmo0807★gmail.com(★→@)
東大経済学部卒。米国ハーバード、MIT、UC Berkeley、UCLA、フランスHEC Paris、香港大学の計六大学に留学し、アニメ文化について学ぶ。約50ヶ国を巡り、各地のアニメイベントやファンを訪問。その後アニメ・漫画を通じた世界平和を目指しアニメ業界入り。要は重度のオタク。

IOEA(国際オタクイベント協会)サポーター、元世界コスプレサミット学生実行委員。アニメ好きの国際交流会Anilingual主催。
普段は同人小説執筆とコスプレで踊ってみたなどしてる腐女。シナリオライターや翻訳業も。
機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズのオルガ団長が大好きです。
—–
Graduated from the University of Tokyo, Japan.
Studying in the US (Harvard, MIT, UC Berkeley, UCLA), in France (HEC), and in Hong Kong (University of Hong Kong) for 3 years in total as a visiting researcher. Currently working as an licensing manager in anime industry.
Supporter of IOEA (International Otaku Expo Association), and ex-organizer of World Cosplay Summit.
I also enjoy cosplaying, publishing doujinshi, and attending cons all over the world (been to about 50 countries).
Dedicate my life to Gundam: Iron Blooded Orphans (and to my favorite character Orga Itsuka).

adekan_cosplay

このブログについて

Cross = 渡る・交わる。

幼い頃からずっと、アニメが好きでした。
アニメや漫画に描かれた物語、そこで語られた言葉、その中で生きたキャラクターたちに救われてきました。
自分が中学生のとき、クールジャパンという言葉がもてはやされ、高校生の時、早くも危機が囁かれるようになり、
私は多くを与えてくれたこの文化に何か貢献したいと、将来のアニメ業界入りを心に決めました。
そのためにもっと世界の市場を見て回ろうと、以来七年あまり、国内外の大学でエンタメビジネスについて学び、各地のイベントを訪れる中、
世界のいろいろなところに散らばったアニメファンの生の姿や情報を、地球のどこかにいる同じファンの誰かに届けられたらいいなと、2014年にこのブログを立ち上げました。

しかし一方で、時を経るごとに私の中には葛藤が生まれていました。
この世界にはまだ、アニメや漫画を見るという生活から程遠い環境で苦しんでいる人たちがいる。
アニメや漫画で描かれる戦争や貧困やいじめといった社会問題に対して涙しながら、言葉ばかりで何もしない自分が本当に無力で、情けなくて、腹立たしくて、どうしようもなくなりました。私が今すべきはアニメではなくて、現場に行って彼らを助けることなのではという衝動に駆られました。
でも、できなかった。「私はアニメや漫画に関わりたい」という想いが足枷になった。
多くの友人たちが全てをなげうってNPOやボランティアとして働いているのを横目に見ながら、
アニメを捨てきれない自分を、もどかしく思いました。
そんなとき訪れた中東やバルカン半島の地で、私は様々な文化・歴史・宗教的背景を持つ人々が、アニメを軸に交流する現場ーー紛争の跡地で同じアニメを見て笑いあう姿を目にしました。
その瞬間、何かが心の中でぴたりと組み合わさった気がしました。

アニメには、世界を平和にする力があるかもしれない。
そして世界が平和になれば、アニメを見る人々(潜在的視聴者層)が増えて、アニメ市場も活性化するんじゃないか。
そんな、創作と平和の循環の輪を、築いてゆけるのではないか。

今、自分は海外にアニメを届ける仕事をしています。そして細々と、物語を書いています。
その傍ら、このブログでは、ほんとうに草の根からですが、
日本と海外、ファンと作り手、違う文化や背景を持つファン同士を橋渡しし、
それぞれが交わるきっかけを提供することができたらと思います。

 

 

公開日:
最終更新日:2019/02/20