Otaku Crossing!!

Anime/Manga from Japan, America and the World

*

「 中国(China) 」 一覧

世界級コスプレイヤーが揃う北京大学アニメクラブ「元火動漫社」

中国の首都北京。 ここにはアジアを代表する名門大学、「北京大学」と「清華大学」がそのキャンパスを置いている。 2015年度版の英Times Higher Education Ranking(世界大学ランキング)では、北京大学が42位、清華大学が47位にランクイン。北京は特に人文系、清華は理工系が強く、卒業生の多くは中国のみならず世界に飛び出して活躍しているとか(参考)。 そんな2つの大学だが、実はその学問的側面だけでなく、アニメクラブの規模の大きさと、そのクオリティの高さでも知られているのだ。 北京大学のアニメクラブはOriginal Fire、中国語で「元火動漫社」という名前だ。OBOGを合わせた総会員数は2000人を超し、北京大学に存在するサークルの中で第二の規模を誇るとも言われている。 一方の清華大学のアニメクラブは「次世代動漫社」というサークル名で、アニメイベントやセミナーを開いたりと精力的に活動している(参考)。OBOGを含めると、こちらもそのメンバーは600人に上るそうな。 2015年12月、自分は東京大学のビジネスコンテストで賞を頂いた関係で北京大学の起業家集団と交流するため、一週間北京に派遣された。 そこで案内役をつとめてくれた北京大学の子がアニメオタクだったことをきっかけに、偶然、この北京大学元火動漫社の17周年記念コスプレパフォーマンスにゲストとして参加させてもらうことが出来た。 今回は、その体験記を交えつつ、北京大学のアニメクラブ「元火動漫社(original fire)」について、紹介したいと思う。 (※今回、なんだか気分で「だ、である調」で書いてしまいました。統一感無くてごめんなさい。) 北京で出会ったオタク、譚ちゃん PMなんちゃらで有名な、粉塵に包まれし街。 そんなイメージとは裏腹に、私の滞在した12月頭の一週間、しかし北京の上空には、嘘のような青空が広がっていた。 そこで今回東大の起業家志望の学生集団を迎えてくれたのが、北京大学で日本語を専攻している譚ちゃんである。そもそも彼女との出会いが、私と北京大学アニメクラブの縁の始まりであった。 流暢な日本語を操り、眼鏡に笑顔がキュートな彼女の手元を何気なく見やった私は、そこであるものを発見した。 …