Otaku Crossing!!

Anime/Manga from Japan, America and the World

*

コミケットスペシャル6 Otaku Summitレポート!

     Comiket Special 6 Otaku Summit Report!

   

otakusummit_刀剣乱舞コスプレ
今回は長々と引っ張っているPMXのレポートはちょっとお休みして、三月末に日本で行われたOtaku Summitのレポートを行いたいと思います!
I have a break from PMX report, but instead, I gonna write a report of Otaku Summit 2015 held in Japan in March!

Otaku Summitとは!?

Otaku Summitとは、日本で最大のアニメ・同人誌イベントであるコミックマーケットが五年に一度開く「コミケットスペシャル」が、世界中のオタクが集まる新たな祭典をテーマとして開いたイベントです。
Otaku Summit is the event run by Comic market committee (Comic market is the largest anime convention in Japan held twice a year).
Comic market committee is holding a special event every 5 years, and this year, they decided to host a festival for the otaku from around the world with the theme “Otaku summit.”

以下が公式による開催宣言文です!
Here is the message from the organizer.

五年に一度のコミックマーケットスペシャル!
今回のテーマは『オタクサミット2015』
世界のオタクが集まる新たな祭典に挑戦します!
各国で行われている『マンガ』『アニメ』『ゲーム』のイベントを招待!
国内のオタク系企業、サークルが集まって日本のオタク文化をアピール!
たくさんのステージイベント、ここでしか見られないクールジャパンの粋が展開します!

Comic Market Special is held every five years!
The theme for the next Comiket Special is “OTAKU Summit 2015”
Our mission is to host a festival for the otaku from around the world, as never seen before!
We are inviting manga, anime and gaming events from countries abroad!
Domestic otaku businesses and circles are gathering to showcase the Japanese otaku culture!
On the program: A variety of stage performances and many prime examples of Cool Japan- only to be found here!

ではレポート行ってみましょう!

Kaihin-Makuhari-station
さて、今回のOtaku Summit、普段コミケが開かれる東京ビッグサイトではなく、海浜幕張での開催でした。
私が駅に到着したのは11時過ぎ。通常のコミケで見られるような人の波は見当たらず、比較的落ち着いています。
This Otaku Summit was held in Makuhari-Messe, a large convention venue in Chiba prefecture. (Usually Comic market is held in Tokyo Big sight, more bigger place than Makuhari-Messe)
I arrived at the station at 11:00. There were not too many people there, considering the massive crowd flooded from stations in Comic market.

道すがら見つけたのは…

Kurobas_softbank
会場に行くまでの道のりでは、ソフトバンンク幕張店が、黒子のバスケとのコラボ企画のフライヤーを配っていました。
今回私は二日目に一緒にサークル参加する予定の韓国の同人作家の友人と一緒に行ったのですが、彼女曰く、一般に子供向けと認識されているアニメが、こうして大々的に企業と、大人をターゲットとした商品でコラボするなんて考えられない、とのこと。日本は何でもアニメとコラボしますからね。
On the way to the venue, there were some cell phone stores distributing a flyer of anime “Kuroko no basket”…which is my favorite!
I went to this event with my Korean friend, and she was super surprised to see how every industry is collaborating with anime to target not only children but also adults. Yes, in Japan, almost every field of business and public sector can collaborate with anime ^^

コミケとかでも、最寄り駅にあるショップはコンビニから献血から、アニメにちなんだ限定商品やキャンペーンを出してくるのが通例です。
(この献血とかは結構驚かれますが、コミケなどの大規模アニメイベントでは、「献血すると、このアニメのポスター差し上げます!」なんていう企画をよくやっているんですよ!)
気になった方は下のリンク等見てみて下さい^^
コミックマーケット87 献血応援イベント

Oh, speaking of collaboration, one of the most interesting collaborations I’ve ever seen was the one with blood donation!
In Comic market, every year there is a space in convention venue for people to donate their blood, and donor can get a special anime poster for their contribution!
Here is the link for the information about blood donation poster.
Comic Market87 Blood donation Campaign

会場に到着!

line at Otaku summit

ちょっとブレちゃいました…
Sorry the photo is a bit blurred…

駅にそこまで人がいなかったとはいえ、会場に着くと、それなりの一般参加待機列が目に入りました。
入場チケット代わりのカタログ1000円を購入し、列に並ぼうとすると、別の入り口から普通に人がどんどん中に…よく分からなかったのですが、ここからも入れたらしく、私達は列に結局並ぶこと無くスムーズに中に入れました。
Although I say there were not too many people, there was still a long line for entrance. We had to buy a catalog (huge booklet… about 2.5 centimeter) as a ticket, which cost 1000yen.
Then I realized the people who were lining up was waiting for one specific industry booth, so I skipped that line and entered the venue smoothly.

カタログを買って入場です

catalog

こちらがチケット代わりのカタログです。結構分厚いですよ!
These are catalogs of Otaku Summit. We need to buy this to enter the event.

まず向かったのは会場の一角にある「Otaku Expo」のブース。
日本各地の聖地巡礼のプロモーションと世界各国のアニメイベントの紹介が行われています。
First, I went to the “Otaku Expo” area.
There were many booths promoting “Seichi-Junrei (pilgrimage)” or introducing foreign anime events.
otaku expo

まずは聖地巡礼コーナー!

※ 聖地巡礼とは
日本では結構知られてますね。アニメの舞台となった日本各地の街や村を、そのアニメのファンが巡ることです。こうしたアニメファンを地元経済をもり立てる起爆剤にしようと、日本各地では様々なアニメとのコラボ企画が行われているのです!
“Seichi Junrei” is the Japanese fandom terminology, which literally means pilgrimage. It is quite popular for Japanese anime fans to visit the the setting or model locations of their favorite anime series.
At Otaku Summit, many cities and towns from all over Japan came to the event and promoted their town.

例えばこれ
K-on!
滋賀県の東郷小学校は、けいおん!とコラボしての町おこしを行っていますね。ここで同人イベントも開かれているようです。
For example, Toyosato elementary school in Shiga prefecture in western Japan was appeared in anime “K-on!”, so the prefecture is encourage fans to visit there.

そして襟裳岬のブースでは…

こんぶ

こんぶ

 

こんぶ2

こんぶコスプレイヤー

特産品の昆布貰っちゃいました…。昆布の擬人化コスプレイヤーまでいました…!
I got dried kelp(for eat!) from one of the town whose specialty is kelp…there was even cosplayer who dressed in a kelp-themed costume.

ご当地アイドル

ご当地アイドルがいたり!
There was a Gotouchi-idol (Gotouchi-idol is a cute idol unit based on one specific town. In Japan, it is common for each city or town has its own idol unit. They usually sing a song related with that specific town)

海外アニメイベント紹介セクション!

続いて、同じOtaku Expoエリア内の、海外のアニメイベント紹介ブースにも行ってみました!約20個程の海外のアニメイベントの実行委員会がブースを構えてました。
Next to these Seichi Junrei promotion booth, there were about 20 booths which were introducing anime conventions abroad!
こんな感じで各イベントがブースを構えています。
Ani-com
ロシアのアニメイベント、Aniconの紹介ブースでは、ロシアのコスプレ写真集も売られていました!
↓ロシアの超ハイクオリティコスプレ写真集!!
コスプレ写真集
ロシアではコスプレがとても盛んだそうです。美人さんも多いですしね!
武器や翼も凄く凝っていて…見ていて感動でした。
There was a booth of Russian anime event… event the people in the booth were so beautiful… and the cosplay photo books they were selling was awesome. So elaborated gears, detailed costumes, and amazing body proportion of the cosplayers…orz

ロシアコスプレ

この武器とか衣装、凄すぎる…!

ロシアコスプレ2

だからクオリティ高過ぎますって!

ロシアのアニメファンに寄るファンアートも置いてありました。個人的には、中程に置いてあった半裸の火神君に目が釘付けでした^///^

ロシアのアニメファンに寄るファンアートも置いてありました。個人的には、中程に置いてあった半裸の火神君に目が釘付けでした^///^

さて、今回のブースの中でも私が特に注目していたのが、こちら、IOEA(International Otaku Expo Association)です!

IOEA
丁度このOtaku Summitに合わせて発足した組織とのことですが、
日本や海外のアニメファン・同人アーティスト・声優などが、よりスムーズに相互のイベントに参加出来る環境整備を行う団体ということで、まさに私がやりたいこと!
確かに、今までのイベントでは、各々のイベント主催者が個別に声優やゲストにコンタクトを取り招待したり、一般参加したい場合には自分でイチから情報を集めて遠征、というように、オーガナイズされていない側面が大きかったですが、これで人材や知識がプールされると、アニメを通じた国内外の交流ももっと盛んになるかもしれませんね!
公式サイトはこちらです。

Among all these booths, what I though interesting was “IOEA (International Otaku Expo Assocition).”
IOEA is the new organization/project launched on the same day of Otaku Summit, and its goal is to promote the interaction of anime fans all over the world and to help people attend anime conventions in different countries.
Here is the official website.

どのブースの人もとても親切で気さくで、質問すると丁寧に色々と答えてくれました。これから日本と海外のアニメイベントの交流がもっと盛んになればいいですね!
Every booth in this Otaku Expo area was super kind and answered to my questions sincerely. I really wish the mutual interaction of anime fans all over the fans become more active!

企業ブース

企業ブースは全体的に男性向けの印象。これはいつものことですが。
Good smile company
こちらはフィギュア会社、Good Smile companyのブース。
韓国の友人は、実際に頭にはちまきを巻いているオタクを見つけて、これは現実のものだったのだと驚愕していました。
韓国では、女性のオタクが圧倒的に多く、全体の8割を占めているそうです。
男性オタクの方はあまりに同人誌の供給が少ない渇望状態にあるために、女性向けのBL同人を買う人までいるとかいないとか…それって単なる腐男子さんでは?という気もしますが。
Next, I came to the industry section. Here is the photo of the booth of Good smile company, a popular figurine maker.
My friend from Korea found a guy with a traditional headband (hachi-maki), which is often depicted as stereotypical otaku image. She got surprised again to see these otaku with headband actually exists.
According to her, in Korea, there are more female otaku than male otaku. In Japan, I think it is half and half or male otaku are more common than female counterparts.

同人誌エリア

同人誌エリア
同人誌エリアの方も男性向け一色。
もう少し海外からのサークル参加が多いのかと思っていたのですが、予想以上に日本人ばかりだった印象…。国際的な祭典としての色があまり出ていなかったのは残念かな。
I went to Doujinshi area, which was ale dominated.
I thought there were more artists from overseas but a bit to my disappointment, it seemed most of the artists were from Japan.

コスプレパフォーマンス

cosplay performance
うーん、このコスプレステージについては、もう少しうまくやれたのではないかと思います。全体的に動きの硬いレイヤーさんが、歩いて出て来てはポーズをとって、またはけてゆくだけ。
ただ、勿論凄くハイクオリティなレイヤーさんもいました!
There was a cosplay contest, too. However, I felt that the movements of cosplayers were stiff and there were only a few audience…

metal gear solid cosplay
こちら、おそらくメタルギアソリッドのキャラクター。ゴーグル部分が開閉するようになっていて、とてもクールでした!
コスプレパフォーマンスを、魅せるレベルにまで持っていくには、レイヤー個々人の独創性に任せるのは勿論、それにアドバイスを与えるような総指揮者がいてもいいのではないかな、という気もします。
Oh, but there was one amazing Metal-gear solid cosplayer! (Sorry if I am wrong about the character. I thought it was from Metal gear solid)

アニメシンポジウム

anime symposium
今回は、よりAcademicなシンポジウムも行われていました。同人誌や同人イベントの歴史を解説し、これからを探るものです。
ただ、物凄く圧倒的な男性率!やっぱり、女性のアニメファンというのは、男性のアニメファンと比べると、「アニメ好き」というよりは、「このジャンルが好き」という風に作品ごとに此処のコミュニティに分裂していて、「アニメファン」というひとつのグループに身を置いたり、アニメをアカデミズムの観点から見ることにあまり興味が無いように思います。
In this event, there were some academic panels, too. The panel was about the history and the future of Doujinshi. The audience were male dominated again. I think female fans tend to love onle a few titles, not “anime” as a whole, thus be separated into small community. So I guess they are less interested in the academic topics which generalize otaku.

二日目には…黒子のバスケオンリーイベント、くろケットも!

このOtaku Summitは、3月28日と29日の二日間にわたって開かれたいべんとだったのですが、二日目の方では、同時開催として、アニメ「黒子のバスケ」の同人誌オンリーイベント、Kuroketにも行ってきました^^
kuroket
こちらは、私は韓国とオーストラリアの同人作家さんと一緒に本も出してきましたよ!
今回の本は本当に締め切りギリギリで、いや、私自身の担当分は比較的早く終わっていたのですが、海外の方の原稿が、私がもう日本に帰国するための飛行機搭乗5分前とかに送られてきて、両親に印刷所との仲介ヘルプを頼んだような状態で…滅茶苦茶大変だったのですが、その分無事印刷されていた時の喜びもひとしおでした!

By the way, along with this Otaku summit, there was another anime event held at the same time… “Kuroket”.
Kuroket is the event only for Kuroko no Basketball fans. I published my doujinshi which I created with Korean and Australian manga artisits.
It was a tough process… I started making a plan about this book more than 6 months ago, and finished my part ahead of time, but I still needed to translate other artists’ part. When they send a file 5 minutes before my flight back to Japan from America (yes, I was in America till 2 days before the event!), I though I could not make it on time… I thought I had to miss the deadline to submit files to doujinshi printing company.
But my parents (omg thanks ><) helped me with this final submission while I was on the flight and lost wifi connection.
Because of all these troubles, I was so moved when I saw my books printed safely.

ここまでお読み頂き有難う御座いました!
次回こそはPMXレポートの蹴りをつけます^^
Thank you for reading this report!
Next time for sure I will finish PMX report!

 - Cosplay, ★国内イベントレポート(Con Report in Japan), 同人誌(Doujinshi) , , ,

PCad

PCad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 8
    follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


  関連記事

Transition of Doujinshi Convention

I went to a Doujinshi Convention called “Comic City 136” held in Tokyo on June 28th, 2015. I will write …

世界級コスプレイヤーが揃う北京大学アニメクラブ「元火動漫社」

中国の首都北京。 ここにはアジアを代表する名門大学、「北京大学」と「清華大学」がそのキャンパスを置いている。 2015年度版の英Times Higher Education Ranking(世界大学ランキング)では、北京大学が42位、清華大学が47位にランクイン。北京は特に人文系、清華は理工系が強く、卒業生の多くは中国のみならず世界に飛び出して活躍しているとか(参考)。 そんな2つの大学だが、実はその学問的側面だけでなく、アニメクラブの規模の大きさと、そのクオリティの高さでも知られているのだ。 北京大学のアニメクラブはOriginal Fire、中国語で「元火動漫社」という名前だ。OBOGを合わせた総会員数は2000人を超し、北京大学に存在するサークルの中で第二の規模を誇るとも言われている。 一方の清華大学のアニメクラブは「次世代動漫社」というサークル名で、アニメイベントやセミナーを開いたりと精力的に活動している(参考)。OBOGを含めると、こちらもそのメンバーは600人に上るそうな。 2015年12月、自分は東京大学のビジネスコンテストで賞を頂いた関係で北京大学の起業家集団と交流するため、一週間北京に派遣された。 そこで案内役をつとめてくれた北京大学の子がアニメオタクだったことをきっかけに、偶然、この北京大学元火動漫社の17周年記念コスプレパフォーマンスにゲストとして参加させてもらうことが出来た。 今回は、その体験記を交えつつ、北京大学のアニメクラブ「元火動漫社(original fire)」について、紹介したいと思う。 (※今回、なんだか気分で「だ、である調」で書いてしまいました。統一感無くてごめんなさい。) 北京で出会ったオタク、譚ちゃん PMなんちゃらで有名な、粉塵に包まれし街。 そんなイメージとは裏腹に、私の滞在した12月頭の一週間、しかし北京の上空には、嘘のような青空が広がっていた。 そこで今回東大の起業家志望の学生集団を迎えてくれたのが、北京大学で日本語を専攻している譚ちゃんである。そもそも彼女との出会いが、私と北京大学アニメクラブの縁の始まりであった。 流暢な日本語を操り、眼鏡に笑顔がキュートな彼女の手元を何気なく見やった私は、そこであるものを発見した。 …

nionicotop
ニコニコ超会議2015〜大人達の本気の文化祭〜

乱立する正体不明のドーム。競歩で走り去ってゆく男達。沸き上がる歓声。プロレス、相撲、ボクシングのリング。まさしくカオス空間。 人生初のニコニコ超会議の印象を一言で言い表すならば、まさに大人達の本気の文化祭! というわけで、かなり日が経ってしまいましたが、ニコニコ超会議2015のレポートです。 I went to NicoNico Chokaigi held at the end of April. Sorry this article is only in …

夏の三大アニメイベントレポート①〜コミケ編

ついに夏も終わっちゃいましたね~! どうも最近Gangsta.にお熱を上げている柿です! 同人小説の締め切りにてんやわんやしてたら国家公務員試験の申し込み締め切り逃しました!誰か、馬鹿かお前は正しいと言ってくれ!! さて、すっかりご無沙汰しちゃいましたが(いつものこと)、夏の間に上げようと思っていてやらずじまいになってしまっていた、イベントレポートを仕上げてしまおうと思いましてん! Hi! Now the summer is over. I’m recently crazy about anime Gangsta. (by the way, manga …

夏の三大アニメレポート②〜World Cosplay Summit編〜

さて、WCSレポ、勝手に副題をつけるならば、「コスプレは世界中を魅了するハイブリッド・アート」!あれ、狙った感溢れ過ぎ!? If I add a subtitle to WCS report, it would be “Cosplay is a hybrid art which attracts the entire …

fanfiction_image
PMX一日目〜アメリカ流二次創作の書き方〜

実際のPMX初日のプログラムはこんな感じ! それでは実際にプログラムを見てゆきましょう〜! 企画その1、Fanfiction101!〜アメリカ流二次創作小説の書き方〜 私はこの日は主にボランティアシフトに入っていたのであまり多くは見る事が出来ませんでしたが、めぼしいものとしては、Fanfiction Writing 101というパネルが、5時からのプログラムとしてありました。 I could not check many programs on this day because I had a volunteer …

comiket-logo
How to participate in Comic Market?

※Updated on Aug 10th, 2016 The biggest anime/doujinshi/cosplay convention in Japan, Comic Market, so-called Comiket is coming this weekend, from …

夏の三大アニメレポート③〜Wonder Festival編

Wonder Festivalは、夏と冬の二回、千葉の幕張メッセで開かれているフィギュア(正確には、自ら組み立て・塗装を行うフィギュアであるガレージキット)の祭典です。 2015年夏のWFの統計では、 フィギュアを販売する原型師であるディーラーの参加者数は1852人、 一般入場者数は55038人だったそうです。 Wonder Festival is an anime event specializing in figurines (to be more specific, the base …

artistalley
アメリカ・海外のアニメ同人誌事情―スケブに課金するCommission制度…!?

日本最大のアニメイベント、コミックマーケットの二大目玉は、企業が公式グッズを売る企業ブースと、ファンが自らの漫画や本等製作物を売る個人ブースに分かれています。 アメリカのアニメイベントにも、勿論それと同じような企画・スペースがあります! 今回は、それらを紹介しつつ、アメリカの同人誌事情についても紹介出来たらと思います。 The two main attraction of Comic market, the largest anime convention in Japan is “industry booth” and …

touken_ranbu_cosplay
200人規模の留学生コスプレイベント!International Event of Cool Japan!!

本日は、東京タワースタジオで行われた「International Event of Cool Japan」に参加してきました! I went to “International Event of Cool Japan”… a event for college cosplayers and international …