Otaku Crossing!!

Anime/Manga from Japan, America and the World

*

【隠れBL多数!?】イスラム圏ドバイのコミコン、MEFCC参加記①

     MEFCC ~Comicon in Dubai~

      2016/11/05

This is a report about Comicon in Dubai!
ドバイでのコミコン、MEFCC2016 (Middle East Film and Comic Con)が2016年4月7日から9日にかけて、アラブ首長国連邦ドバイのWorld Trade Centerで開催されました。
「今更!?三ヶ月近く前じゃないか!?」
はい、仰る通りです。
ドバイでのイベント参加以降、私はモロッコ、スペイン、ポルトガルと周遊していたのですが、腰を落ち着けて記事を書く時間を取れずにおりました。今更感のある記事で申し訳ないです。
ですがその分特大ボリュームでお届けしたいと思います、中東最大のアニメ・コミックイベント!

記事構成はこんな感じです。

①ドバイのコミコンMEFCCとは
②ドバイのコミコン参加に至った理由
③現地からの生情報
④参加者100人へのアンケート結果に基づく中東のオタク分析
⑤中東とアニメの未来図
⑥ドバイの町中で見つけた「漫画寿司」!?

長くなりそうなので、前半①〜③と、後半④〜⑥に分けて投稿したいと思います!

①ドバイのコミコンMEFCCとは

comicongeneral
MEFCCの正式名称は、「Middle East Film and Comic Con」。
2012年に始まり、2015年には実に5万人の来場者数を記録した、アラブ首長国連邦、ひいては中東最大のアニメーション・コミック・ゲームの祭典です。
メインのコンテンツはMarvelなどのアメリカコミックや映画ですが、日本アニメのファンも、中東各地から多数来場します。
主催はExtraCake PRAThe Allianceというイベント企画会社。

自分は以前アメリカニューヨークのコミコン(Comicon)にも参加しましたが、イベントの雰囲気としてはとても似ていると感じました。

MEFCCは木曜から土曜日にかけての三日間にわたって行われます。
これって、日本人の我々からしたら少し不思議な日取りですよね。
ドバイ(アラブ首長国連邦)はイスラム国なので、金曜日が集団礼拝(サラート=ル=ジュマァ)の日として休日になるのです。週休二日の場合は、木金が休みだそうです。
我々が何の疑問も無く日曜日を休みとしているのも、キリスト教の安息日が由来だと考えると、なんだか騙されているような気持ちになります。(なお、全然このブログの趣旨とは関係無いのですが、日本で日曜が休日となったのは、1876年以降、欧化政策によるもので、それ以前は31日以前の1と6の付く日が休日だったそうです。)

会場のイメージとしては、行った事のある方は、東京ゲームショーや、コミケの企業ブースをイメージして頂くと分かりやすいかと思います。
より詳しい会場の様子は、③の項でお伝えしたいと思います!

②ドバイのコミコン参加に至った理由

そもそも何故ドバイのイベントに遥々日本から参加しようと思ったのか。

そもそもは今年の1月、友人の友人の紹介で、「中東とアニメ」に関心がある、という方にお会いしたのがきっかけでした。
その方の呼びかけで有志が集まり、「中東と、日本のコンテンツ企業やファンを繋ぎ、両地域の架け橋になる」をメインテーマに、企業ブースサイドで出展することになったのでした。
(実は自分、ブース出展しようと言われた際に、てっきりArtist Alley、いわゆる同人エリアでスペース取るってことかと勘違いしていたのですが、まさかの企業ブース側だと判明しておったまげたものでした)

今回MEFCCに共に参加したのは有志メンバーはこちら!
ドバイ会場近くでの集合写真。どうせならコスするか〜ということで、全員NARUTOコスでの参加です。

どーーーん!

MEFCC集合

本当はカメラ撮ってくれている方がもう一名います!彼はイタチでした。

私はサスケのコスで参加しました。

メンバーは実に多様で、某出版社勤務の方から、イギリスでコンテンツマーケティング学んでる学生さんから、普段はアニメ外の分野、組織運営等のフィールドで活躍していたり、スポーツの実況をやっている方まで。

ただ共通しているのは、日本から、地理的以上に文化的に遠いと思われがちな中東と日本を、アニメビジネスで繋ぐことに貢献したいとの想いです。

③現地からの生情報

実際にどんなアクティビティがイベント内で行われたかについては、実は別の方がブログで素晴らしいレポートを書いて下さっているのを発見致しました。
重複する内容でいたずらにネット上の総情報量を増やすのも美しくないので、ここは潔くリンクを貼らせて頂きたく思います。
中東最大!ドバイのコミコン参加レポート(進め!中東探検隊)

以下の記事ではそれ以外の考察や現地事情について、参加記を交えながら綴りたいと思います。

一日目の朝に、会場近くのビジネスホテルにチェックインした我々は、初日は主に会場のセッティング。
MEFCCも、他の多くのアニメイベントと同じく、中日が最盛況で、一日目は準備、最終日は片付けの色あいが強いようです。
会場では、無料でクッキーや飲み物を配っているエリアがあり、何度も利用させて頂きました。ドバイは物価が高く、食事するにも躊躇う程(ケバブ一個が1000円とか)だったので、ここで食費を浮かせられるのは嬉しい。

今回私達がブースで行ったアクティビティは大きく分けて3つ。
(1)アンケート調査……約130名の現地参加者に、24項目からなる、日本の漫画やアニメ、ファン活動に関するアンケートを行いました。

アンケート回答

アンケートに答えてくれている現地コスプレイヤー

nail art

もちろんアバヤかぶってない参加者の方も沢山いらっしゃるわけですが!

(2)ネイルアート……日本でも人気の超実力派ネイルアーティスト、赤木桃さんが、キャラネイルをするために同行して下さりました!アバヤ(身体を覆うベール)を纏うムスリマ(イスラム教徒の女性)達にとって、ネイルは希少な目に見えるお洒落。はたして需要はどの程度あるのか、試してみようとの挑戦的試みでした。

(3)BL同人誌販売……挑戦的、と言えばこれ。宗教的に大丈夫か!?ギリギリのラインを攻めてしまいました。根っからの腐女子なわたくし、ドバイで自作のBL同人誌を売っちゃいました!!!
元々そんな意図は無くて、何か現地で販売物欲しいね〜というところから、以前自分が国際合同誌として出したBL同人誌(日本語がベースだが、一部漫画に英語の翻訳付き)の在庫が残っていたことを思い出して、じゃあちょっとだけ持って行ってみよう、と。

doujinshi

同人誌を買ってくれた心優しいムスリマの方々! 一応表紙はちょっとモザイクかけさせていただきました^^; ジャンルは黒子のバスケです、とだけ。

ブース運営的には、2と3で集客して、1のアンケート調査を行う、という感じです。
一日目はまばらだった来場者も、二日目には通路が人で埋め尽くされる程の大混雑となり、私達のブースにもひっきりなしに人が立ち寄ってくれました。
crowds

私達は「From Japan」を積極的にアピールしていたのですが、日本語で話しかけてくれる人や、コスプレをしている私達と写真を一緒に撮りたいと声をかけてくれる人、出し物であるネイルアートを試してみたい、と来てくれる方など、とにかく沢山!人が人を呼ぶ、という状態でした。

cosplay

ブースに来てくれた二人組。沢山写真撮りました^^

そして以下が桃さんがブースで実際に行ったキャラネイル一覧。この他にも、「このキャラを描いて!」と現地ファンが写真を見せると、はじめて見たキャラでも、小さな爪の表面にさっさかさーと描いてしまうのです。すごい!

nair art list

ドバイにもネイルサロンはあるそうですが、勿論キャラクターネイルは無いとの事。料金は、描く柄によって、一本につき30DHから50DHの間で行いました。参加者の方は実に多様。アバヤ姿の女性もいれば、コスプレの方も。なかなかの盛況でした!

続いてBL同人誌の方。今回、別に同人誌を売る目的で行ったわけではないので、積極的に前面に置いたり宣伝したりはしなかったのですが、アンケートを書く机の横に平積みにして、その横の壁に数ページ、抜粋したものを貼りました。

数字としては、売れたのは三日間で20冊程。価格は、最初ひとつ10DH=300円(なお、日本では700円で頒布していたA5/70pの同人誌です)で売ったのですが、安過ぎるよ!と最初に買ってくれた子に言われたので、強気に30DHでそれ以降は売りました。

みんなの反応としては、勿論関心を示してくれるのは女の子達なわけですが、「きゃ〜〜〜やば〜〜〜い」みたいな感じ。
多くが笑いながら、「知ってる?これって本当はあんまりおおっぴらにしちゃいけないのよ!」と言ってる子もいたので、やっぱりちょっと控えた方がいい気もするのですが、潜在的な需要は、非常に大きいと感じました。
osomatsusan
自分も漫画やイラストを描いているのよ〜!と見せてくれたムスリマの参加者さん。大手作家レベルのおそまつさんのイラストを見せてくれて、ドバイの女性達の描画力の高さに脱帽でした。

こうしたブース運営の合間には、会場内を歩き回って、他のブースの様子を見てみたり参加者の方とお話ししたりしていたのですが、そこで得た所感を!

イベントについて

・アメコミ75%:アニメ25%。しかしアニメは矢張り二級品的扱い。アメコミ系やゲーム会社が公式ブースを出しているのに対し、日本コンテンツはほとんどが非公式の個人商店。

booth

umaru

lucky bag

紙袋に特定作品のグッズを詰め合わせた福袋も人気でした。

luckybag2

結構おおっぴらな紙袋もみんな臆面も無く……というかこれ、絶対同人誌の絵柄ですよね!?私もDRRRは高校の時ドハマリして……はともかく、本当に、無断使用が多い!作家さんの気持ちを考えると;;

china-booth

こうした小規模商店ブースのほとんどが中国系の方の出展。ブースの中はこんな感じで、足の踏み場も無い位ビニールが散乱していました。それだけ大量に売れているってことです。

・日本からの正規の出展としては、紀伊国屋による大規模な漫画・画集販売ブースと、タペストリー販売を主とする企業「Art Vivant Inc.」のブースのふたつ。

kinokuniya1

紀伊国屋ブースの様子。

kinokuniya2

こんなものも!海外のアニメファンは、日本のオタク以上に「Bisyonen」「Yaoi」などの言葉を頻繁に使います。

Art Vivantさんの話によると、日本では男性向けに売られる美少女キャラクターのイラスト集などを、女の子が買っていく場合が多い一方、タペストリーはあまり売れ行きが良くなかったとのこと。おおっぴらにそうした絵柄を飾る事が嫌厭されるためか。Art Vivantさんは、岡山にタペストリーを扱う子会社のベースを置き、絵師さんの承諾のもと、海外販売を一手に担い、台湾、香港などでのイベント販売実績があるそうです)

・一方で中国の漫画・ゲーム会社は、「37games」「eastday」などが出展しており、商談の場も設けていました。ブースさえ殆ど無い日本企業とは大きな違い……。
chinabooth2

・Renovada Storeという企業ブースに、あきらかにパチもののワンピースやNARUTOのキャラの等身大フィギュアがありました。
pirate onepiece

・セル画や日本のグッズ等を個別輸入販売している業者・個人多数。
individual store 2セル画
old anime magazines

・企業ブースの方で売られるのは基本NARUTOやワンピース等の人気作品だった一方、うたぷり、黒バス、アイドリッシュセブンなどの女性向けコンテンツは、個人の仲介業をする人々が売っていました。売れ行きは極めて良好だそうで、黒バスやハイキュー!なんかは、初日で9割型売り切れてしまったそうです。
individual store

(池袋とか秋葉原の中古ショップで格安で仕入れたものを高値で転売。いい商売してはりまんなあ)

現地のファンについて

・ドバイではほとんどがinstagramを情報発信と交流のために利用。TumblrやFacebookは少数派だが、pixivはアカウントだけ持っているという人が多い。

・Artist Alleyでは、ラミカやポスターがメインなのは勿論、漫画を売る人も多数。漫画は英語のアラビア語のものが半々程度。Comissionも盛んに行われていた。相場は概して高く、スケッチで一枚30ドル、色付きで50ドル以上。

artist alley

Artist Alleyの全体図

MEFCC18

凄く上手なイラスト!

MEFCC19

イスラムと漫画の要素を組み合わせた、シュールリアリスティックなイラストレーション。

MEFCC17

素敵な水彩画風アートを売られていた、SarahさんとMarwaさん姉妹。凄く優しくて、私達のブースに遊びに来てくれたり、イラストをプレゼントしてくれたりしました。Thanks a lot!

MEFCC16

こちらはアラビア語で描かれた漫画。右はBL!?かと思ったら、兄弟ものだそうです。Artist Alleyで売られているものの中には、このような、一見して「BL!?」と飛びつくと、「兄弟」や「親友」を扱った少年ものがちらほら見られました。おおっぴらにそうしたものが出せない分、妥協案がとられているのかもしれません。

・上で紹介したブログの方も書かれていましたが、Artist Alleyの中で一人、明らかに!明らかにプロレベルの素晴らしい漫画を販売されている方がいらっしゃいました。

grey is...
私一目で惹き付けられてしまいまして、三日間ブースまで会いに行ってしまいました。
執筆者はヨルダン人のDee Juusanさん。
彼女の作品は、英語版がDeeさんのウェブサイト(http://greyismanga.com/)で無料で読める他、書籍としても販売されており、スペイン語版も出版されています。
彼女のウェブサイトのAboutから抜粋です。

Grey is… is an online slice-of-life manga that revolves around humans’ heart & mind bond, presented through the eyes of two guys, Black who is all heart and White who is all mind, on their journey to obtain inner peace.

Each with his own kinds of struggles; child abuse, abandonment, death, misunderstanding but also, friendship, love, peace and family. Together, they try daily to live, love, fight, understand, survive and break free from their past and present through to a brighter future.

“Grey is… is the life that nobody wants to live but the bond that everyone craves.”

5巻目の冒頭の台詞を抜粋させて下さい。
「”Humans are interesting”, that was a line I heard often; on television, in books, from friends. I personally find it interesting when humans are referred to as “interesting.”」
最初のページでこの言葉を目にした瞬間、背筋にぞくりとくるものがありました。

画集や、関連グッズも販売されていて、私本当なら全て欲しかったのですが、
値段が一冊3000円と日本の漫画と比べると非常に高くて、お財布が悲鳴を上げていたので、泣く泣く断念致しました。

Deeさんは現在日本での出版も目指し、漫画賞への応募もされているそうなので、本当に、いつか彼女の作品が日本でも読める事を心から楽しみにしています。皆さんも是非、彼女のwebsiteでこの素晴らしい作品をチェックしてみて下さい!

ちなみに、ホログラム処理を施したしおりなど、日本の同人イベントでもよく目にするグッズが売られていたので、一体どこの印刷会社で作ったのかと聞いた見たところ、JIMI Agency.netというサイトを使っているようです。

・同人誌やグッズの印刷会社は、韓国や、中国のもの(Ali Express)を利用する人が多い。技術力の高い日本の印刷業の海外展開も望まれるところ。

コスプレについて

dubai_cosplay

このコスプレ原理主義集団、最高でした……!

・比較的自由。NARUTOのサクラや初音ミク、ラブライブのキャラクター等が見られましたが、レイヤー数がそこまで多いわけではなく、参加者全体の10%未満といった印象。特に、女性の男装は少なめで、男性の女装に関してはほとんど見られませんでした。中にはアバヤ姿のままコスプレしている女性レイヤーもいらっしゃいました。

では以下、現地で見つけたレイヤーさん達の写真を何枚か。

cosplay

ちょっと私目線定まってませんが(笑)東京グールと、ハガレンのエドワード。キャラの髪の色に合わせてアバヤの色をチョイスされているんです!

・元々マスクをしている金木や鳴狐のようなコスプレイヤーもいたが、特段数が多かったというわけでもありませんでした。
MEFCC07

クウェートからのコスプレイヤーさんがエロかっこよかったです……!。
kuwait_mikazuki

cosplay

クロコダイル from リアル砂漠の国!

cosplay

ラブライブ

cosplay

この方はプロでした

cosplay

ジャンプの主人公二人組!

cosplay

擬人化ガブモン!か、可愛い……!

・夜に開かれたコスプレトーナメント参加者は圧倒的にアメコミの方が多かったのですが、クオリティも造形を中心に高かったです。

cosplay tornament

ドバイは今後日本の世界コスプレサミットの参加国にもなるという事で、コスサミ代表の小栗さんがゲストとして審査員をされていました。

今回はここまで。
次回は、現地で100人以上を対象に行ったアンケート結果から中東のアニメオタクについて分析し、これからのアニメと中東の未来について考えたいと思います。ドバイで見つけた「Manga Sushi」という不思議レストランのレポートも!
イスラム圏ドバイのコミコン、MEFCC参加記②
ではでは〜!

 - ★海外イベントレポート(Con report Overseas), 中東(Middle East), 中東(Middle East) , , , ,

PCad

PCad

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • 8
    follow us in feedly
Loading Facebook Comments ...

Message

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA


  関連記事

inside iberanime
日本人以上にシャイ!?ポルトガルのアニメイベントIberAnime参加記

2016年5月7日と8日の週末、ポルトガルはリスボン、オリエンテ駅の近くにあるMEOアリーナで、同国最大のアニメイベント、IberAnimeが開催されました。 I went to the anime con “IberAnime” in Portugal on May 7th and 8th! Here is the report for …

PMX_AnimeDance
日本とアメリカのアニメイベントの違いとは?(Pacific Media Expoレポート!)

  記念すべきこのブログの初記事!!! これからの数回、日本とアメリカのアニメイベント文化の違いを説明しながら、2014年11月7日から9日にかけて、アメリカはロサンゼルスのHilton LAX Airportにて行われた、PMXことPacific Media Expoのレポートをしてみたいと思います! Held between November 7 to 9, 2014 at Los Angeles’s Hiltion LAX Airport, …

【超多国籍アニメイベント】イスラム圏ドバイ、MEFCC参加記②

Here is the 2nd part of the report of Dubai anime con MEFCC! This is more data- oriented post about …

Gumi
アメリカでのファン自作初音ミクコンサート!

さて、本日から二日目土曜日のレポートです!もう更新がイベントの数ヶ月後なので、土曜日とか二日目とかもう何の意味も成してないんですけどね!! 土曜日はアメリカのコンベンションにおいて、一番活気のある曜日です。基本ファンやボランティアが仕事の合間に運営する事も多いコンベンションにおいては、金曜日は準備の日、日曜日はお片づけの日、といった位置づけになってしまう事が多く、よって実質一番の盛り上がりを魅せるのは土曜日なんです。 (ちなむと日本のコンベンションは曜日による差はそこまでないですね〜三日間行われるコミケとかも、それぞれに色があるからどれも賑わってますし^^) Saturday is the most popular date for the conventions in the United States, since Friday is regarded …

fakku logo
アニメイベント会場で合コン!?アメリカ独自のアダルティな!?ファン活動

再び、アメリカのアニメイベントPacific Anime Expoを例にとりながら、アメリカ特有のファン活動について紹介していきます!今回は、ちょっとだけアダルティでびっくりなアメリカならではのイベントも紹介しますよ! This time, I will talk about the anime fan activity in the US found in Pacific Media …

jojo cosplay
同人漫画+スケブのクオリティが凄い!スペインのアニメイベントSalon del Mangaレポート

ヨーロッパでアニメファンが多い国というと、皆さんはどこを思い浮かべるでしょうか? Which country in Europe do you think have the largest number of anime fans? 毎年20万人以上を集客しているJapan Expoで有名なフランス、それから世界コスプレサミット前回紹介したRomicsの開催地イタリア。 It might be …

AMVコンテスト〜海外版MADの不動の人気!〜

まずは四の五の言わず、これを見てみて下さい。 ブラウザバック駄目、絶対。 First of all, please watch this video! どうです!?めっちゃくちゃ面白いですよね!? これはアメリカのアニメファンの多くが知るAMV、即ちAnime Music Videoのひとつです。 このAnime101というAMVは、海外のファンから見た日本のアニメ像を如実に体現していて且つとにかくクオリティが高く面白いので、私も大好きなAMVです。 更に詳しく動画の各パートの意味を知りたい方は、記事の半ば当たりに説明を入れているので、是非読んでみて下さいね^^ Isn’t it really interesting!!? I …

TNT10wcs
メキシコのコスプレ大会TNTのクオリティが高すぎる!!ので地球の裏側からレポートしてみた

こんにちは、Kakkyです。 去る3月5日と6日、片道20時間以上かけて、はるばるメキシコシティで開かれたコスプレ大会、TNT GT10を観戦してきました! 「メキシコ?コスプレ?」 と首を傾げられる方もいらっしゃるかもしれませんが、実はメキシコは超がつく程のコスプレ大国。 昨年の世界コスプレサミット2015の優勝国でもあるのです。 On March 5th/ 6th in 2016, I went to see the cosplay contest called …

pamphlet
PMXレポート一日目〜アメリカアニメイベントでのチケット購入〜

一日目〜チケット購入〜 一日目金曜日。基本三日間行われる事が多いアメリカのアニメイベントの一日目は、お昼頃から開始され、お試し期間のような感じで参加者も少なめです。 The first day of the convention is on Friday. Conventions in America are usually held during the weekend. …

Lolita Dark
アメリカでのビジュアル系バンド、heidiコンサートレポート!

暫くぶりの更新になってしまいました! 冬の間約3週間、南米にバックパック旅行にいっておりました。現地でも複数のアニメファンの方に会うことが出来ました! 南米には、(「無料の^^;」)娯楽としてアニメを幼い頃から楽しんでファンになる方が多いように思います。動画サイトとか見ても、圧倒的なスペイン語字幕の多さ! It’s been a while since I last updated this blog (sorry!) I was backpacking in South America …